世界の経済・統計 情報サイト

台湾の購買力平価GDP(USドル)の推移(2015~2024年)

購買力平価GDP(USドル)の推移(2015~2024年)のグラフと時系列表を生成しました。

  • GDP(国内総生産)とは、国内の生産活動による商品・サービスの産出額から原材料などの中間投入額を控除した付加価値の総額。
  • 購買力平価(PPP)は、「為替レートは2国間の物価上昇率の比で決定する」という観点により、インフレ格差から物価を均衡させる為替相場を算出している。各国の物価水準の差を修正し、より実質的な比較ができるとされている。
2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021 2022 2023 2024
台湾 1,105.56 1,133.90 1,190.82 1,251.97 1,300.21 1,351.65 1,408.44 1,467.08 1,527.57 1,589.67

単位: 10億USドル

数値はIMFによる2019年4月時点の推計

<注記>

  • SNA(国民経済計算マニュアル)に基づいたデータ

<出典>