世界の経済・統計 情報サイト

世界の就業者数ランキング

2016年の就業者数ランキングを掲載しています(対象: 37ヶ国)。過去のデータについてはこちらを参照してください。

  • 就業者とは、勤労所得または自営所得を有する者を指す。
順位
名称 単位: 100万人 前年比 地域 推移
1位   アメリカ 151.44
北米
2位   日本 64.65
アジア
3位   ドイツ 41.21
ヨーロッパ
4位   イギリス 31.74
ヨーロッパ
5位   韓国 26.24
アジア
6位   フランス 25.09
ヨーロッパ
7位   イタリア 22.69
ヨーロッパ
8位   スペイン 18.34
+1 ヨーロッパ
9位   カナダ 18.08
-1 北米
10位   オーストラリア 11.93
オセアニア
11位   台湾 11.27
アジア
12位   オランダ 8.43
ヨーロッパ
13位   チェコ 5.12
ヨーロッパ
14位   スイス 5.05
ヨーロッパ
15位   スウェーデン 4.91
ヨーロッパ
16位   ベルギー 4.74
ヨーロッパ
17位   ポルトガル 4.67
ヨーロッパ
18位   香港 3.82
アジア
19位   イスラエル 3.74
中東
20位   ギリシャ 3.63
ヨーロッパ
21位   オーストリア 3.59
ヨーロッパ
22位   シンガポール 3.35
アジア
23位   デンマーク 2.84
ヨーロッパ
24位   ノルウェー 2.65
ヨーロッパ
25位   ニュージーランド 2.47
+1 オセアニア
26位   フィンランド 2.45
-1 ヨーロッパ
27位   スロバキア 2.32
ヨーロッパ
28位   アイルランド 2.04
ヨーロッパ
29位   リトアニア 1.36
ヨーロッパ
30位   スロベニア 0.95
ヨーロッパ
31位   ラトビア 0.89
ヨーロッパ
32位   エストニア 0.65
ヨーロッパ
33位   ルクセンブルク 0.42
ヨーロッパ
34位   マカオ 0.39
アジア
35位   キプロス 0.37
ヨーロッパ
36位   アイスランド 0.19
+1 ヨーロッパ
37位   マルタ 0.19
-1 ヨーロッパ

※同位の場合は国名称順

<注記>

  • 就業者は、ILO基準・OECD基準・国家基準のいずれかで定義される。

<出典>


コメント