世界の経済・統計 情報サイト

就業者数の推移(1980~2019年)
(台湾, 日本)

就業者数の推移(1980~2019年)のグラフと時系列表を生成しました。

  • 就業者とは、勤労所得または自営所得を有する者を指す。
1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989
台湾 6.55 6.67 6.81 7.07 7.31 7.43 7.73 8.02 8.11 8.26
日本 55.36 55.82 56.39 57.33 57.66 58.07 58.54 59.11 60.10 61.28
1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999
台湾 8.28 8.44 8.63 8.75 8.94 9.05 9.07 9.18 9.29 9.39
日本 62.49 63.69 64.36 64.50 64.54 64.57 64.86 65.57 65.14 64.62
2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009
台湾 9.49 9.38 9.45 9.57 9.79 9.94 10.11 10.29 10.40 10.28
日本 64.46 64.12 63.31 63.17 63.29 63.57 63.90 64.28 64.10 63.15
2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
台湾 10.49 10.71 10.86 10.97 11.08 11.20 11.27 11.35 11.52 11.58
日本 62.98 62.93 62.79 63.26 63.71 64.02 64.66 65.31 66.64 67.42

単位: 100万人

数値はIMFによる2019年4月時点の推計

<注記>

  • 就業者は、ILO基準・OECD基準・国家基準のいずれかで定義される。

<出典>